×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化成肥料のアンモニアは分解されたか?

化成肥料のアンモニアは分解されたか?

土耕栽培用の化成肥料にはアンモニアが含まれます。

まれに、液肥にして与える粉末のものはアンモニアではなく硝酸になっています。

これは、アンモニアというのは分解されて、硝化されて、亜硝酸になり、さらに、硝酸になります。水中ですのでイオンの形で存在します。

ほんとうは大変複雑で私にはわかりませんので、単純に考えるとこれくらいで、とにかく、アンモニアはアルカリ性で濃度が濃いと、根をいためますし、害があるようです。

しかし、それを水耕栽培に使おうというのですから、アンモニアを根に与えているようなものです。それを素早く硝化バクテリアが硝化してくれていればいいのですが、そうなっていない場合には検査が必要です。

もっとも簡単なのはリトマス試験紙でアルカリ性になっていないかチェックすることです。これはだいたいですし、濃度がこくないとわかりませんので、極端な時にしかわかりませんが、根がおかしいなとおもってチェックしてみるといいかもしれません。

しかし、意外とすぐにアンモニアは検出されなくなるものです。










おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)



厚生労働省 カロリートマトゴーヤキュウリナス海岸、浜、港中古レンズ中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト

ページのトップへ戻る