茎が徒長しやすい野菜が向いている

茎が徒長しやすい野菜が向いている

これは、発泡スチロール箱を使った水耕栽培のときにそうだったのですが、得てして水耕栽培では、根が溶液の底の方まで伸びて、上部は箱の上にでてくるようになるのが理想的です。


水分が蒸発したり、養液を吸収するので、常に水位は下がります。その時に、あまりに短い苗だと、空気に根が完全にむきだしになってしまい、さすがに乾燥してしまい、枯れてしまうことがあります。

それに、比較的、徒長しやすい=成長が速いもので、水耕への順応性もあるようです。

ですので、あえて、日当たりの悪い場所で数日育苗して、あえて、双葉なのに10cmくらいの茎を持つ苗を作ったりもします。


普通は、こんなになったらしょうがないなという感じですが、水耕栽培では、問題なしです。

不思議なもので、茎から根が生えてきますので、茎が長いとその分、根の生えてくる部分がふえるわけです。







トマトゴーヤキュウリナス海岸、浜、港通販ショップ

ページのトップへ戻る