×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

完全水耕栽培と大容量培地栽培

水耕栽培の方式の種類



水耕方式1:完全水耕栽培


いわゆる水耕栽培と呼ばれる方法です。根が完全に水中にある状態です。常に根が養液に浸っていますので、常時、すきなだけ栄養と水を吸い上げられます。これが水耕が土耕栽培と比べて成長がいい理由の1つでもあります。

また、一切、土を使わないので病気の心配がありません。もちろん、連作障害もありません。


水耕方式2:大容量培地栽培


バーミキュライトやパーライトを土の変わりに使って栽培する方法です。名前は本サイトで勝手にこういう風に呼んでいます。

なぜ?大容量のバーミキュライトやパーライトが必要なのか?というのは、簡単で楽をするためだけです。

面倒な2重構造にするのが嫌だったので、もっとも楽でシンプルな方法として、かわりにこれらの用土を大量に使いました。

使ったといっても、バケツで栽培する時に1個あたり、5Lくらいつかったという感じです。










おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)



厚生労働省 カロリートマトゴーヤキュウリナス海岸、浜、港中古レンズ中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト

ページのトップへ戻る