水耕栽培で美容と健康にいい野菜を食べる

水耕栽培で美容と健康にいい野菜を食べる



肥料の与え過ぎには注意!何事も加減が大事


畑で有機栽培であっても、肥料の与え過ぎはよくないです。

明確にどの程度がわるいという基準があるのかないのかわかりませんが、とにかく、大きくしようとして、可能な限り肥料を与えていると、過剰施肥となり、残留物質も残るようです。

これらは、野菜から体内に取り込まれます。もちろん、少しは問題ありませんが、あまり取り過ぎないに越したことはないでしょう。

もちろん、生産者の方はそれを注意して施肥量を正確に割り出していますので、問題は無いと思います。

ただ、家庭菜園は、全て自己責任となりますので、それらの肥料が多くて悪い物質が残留しても、自分がいけないということになります。

土耕栽培でも水耕栽培でも肥料の与え過ぎはよくありません。ですので、分量はメーカーの規定通りに、使用法もそれを守って与えることが一番です。

水耕の場合、肥料が多くて、根焼けしますが、それ以前にも肥料が過剰になることもあるかもしれません。特に葉物は気をつけたほうがいいと思います。果菜はある程度の分量しか実にとどきませんが、葉物は全てを食べてしまいますので、少なめという気持ちが大事です。

肥料が少なくて、ぎりぎりな感じがいいと思います。レタスなどのサラダ菜は、多少、小さくても、問題ないと思いますので、なるべく控えめの施肥がいいと思います。



うまく育てて、美容にと健康に良い野菜を作りたい!



どういう野菜が健康にいいのか?


なんのことはない、食べて味が嫌な感じがするかしないかだと思います。

これは人間の持った本能でもありますが、体にわるいものはマズイとかエグいと感じます。

また、味気ない!という感覚もあまり栄養が詰まっていないということを認識しているのでしょう。

そうです。水耕栽培自体は、ほとんどの野菜において、生産の現場において行われていることがあるくらい、一般的な栽培技術です。

有機栽培でも水耕栽培でも、肥料を与えすぎておいて、光があまり当たらないという条件になるとどうしても、残留する肥料成分が増えるようです。

また、光は野菜の中に含まれる栄養素を作り出す源となっていますので、十分に光に当てたかどうかが?重要になってきます。

それさえ、気をつけておけば無農薬で健康に良い野菜を食べることができます。やはり、害虫や病気という観点では、水耕栽培は土耕栽培に比べてかなり有利なことが多いようです。

新鮮さは最高にいいです。栄養素が時間とともに減っていくとしても、最大限、栄養豊富な状態で食べることができるわけです。

美味く育てて、上手に食べて有意義に活用したいです。











おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)



厚生労働省 カロリートマトゴーヤキュウリナス海岸、浜、港中古レンズ中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト

ページのトップへ戻る