セロリの水耕栽培-ペットボトルとパーライト

セロリの水耕栽培-ペットボトルとパーライト編


ペットボトルを使って水耕栽培容器を作る


ペットボトルを使って水耕栽培容器を作ります。



セロリの水耕栽培 セロリの水耕栽培
1Lのペットボトルです。2Lの太さで長さが半分のタイプです。
1面を切り抜きました。

セロリの水耕栽培
4隅に、縦方向に3cm程度の切り込みをハサミで入れます。

セロリの水耕栽培  セロリの水耕栽培
切り目を入れた所に癖を付けるために一度折り曲げています。
これで、僅かなズレができてそこから水がゆるやかに染みだして、周りに飛び散らずに済みます。



セロリの苗の植え付け



セロリの水耕栽培  セロリの水耕栽培
セロリーの種を育苗ポッドに蒔いたまま、数ヶ月が経過したものです。
土を除いて苗を分けていきます。作業がしやすいように水にたっぷり浸します。

セロリの水耕栽培
このように、成長しても根の行き場がなくなっているような状態です。

セロリの水耕栽培
1つの育苗ポッドにこれだけのセロリの苗ができていました。

セロリの水耕栽培
さきほどの水耕栽培容器に加工したペットボトルに培地としてパーライトを入れていきます。

セロリの水耕栽培
大きそうなセロリの苗をいくつか選んで植えます。
水をやることでパーライトがしっとりとして、植物が安定します。
根が張ってくるとしっかりと固定されます。


セロリの水耕栽培について










トマトゴーヤキュウリナス海岸、浜、港通販ショップ

ページのトップへ戻る