水耕栽培自作



プランターとパーライトを使った自作水耕栽培


水耕栽培自作:電気なし、シンプル








はじめに
ここでは、既存の水耕栽培装置を使わずに自作して栽培しています。電気は使わないことにしています。
まだ、未完成な方式も記載されていますので、参考にされる方は失敗する可能性も十分にあることをご理解ください。

水耕栽培装置を自作して、栽培をはじめた当初は問題がなく、途中で不都合が出てきたら、その都度改良していきます。植物の調子が悪くなりだすのを見逃さないために、よく観察を続けることが大切です。

*実施は全てご自身の責任においておこなってください。有害物質の発生や事故、怪我の恐れもあるかもしれません。


発泡スチロール使った自作水耕栽培


水耕容器の製作


発泡スチロール使った自作水耕栽培
一番多い発泡スチロール箱を使った水耕栽培装置です。
発泡スチロール水耕栽培
容量3Lのとても小さな発泡スチロールBOXです。150円で買いました。

水耕
発泡スチロール箱の蓋の方に2ヶ所穴を開けます。
1つは植物を差し込む穴、もう1つは、養液を補充するための穴です。

マクワウリの水耕栽培
砂利を用意します。

マクワウリの水耕栽培
砂利を発泡スチロール箱に敷きます。

マクワウリの水耕栽培
水を入れます。
砂利があるとないとでは差があるように思えます。
感覚的ですので、無くてもうまくいくかもしれません。

マクワウリの水耕栽培
パーライトをうっすらと水面を覆うくらい入れます。
パーライトは水に浮くため、カバーのようになって根を乾燥から守ってくれます。

マクワウリの水耕栽培
最後にOPPテープで蓋をしっかりと密着させ、固定させます。

発泡スチロール水耕栽培
植物を挿し込みます。
養液をいっぱいまで満たして完成です。

空気の層は必要か?
おそらく、発泡スチロール箱を使った水耕栽培の場合、エアレーションを使わないため、空気の層を確保することが重要なのだと考えると思います。

水耕ではなく、容器のなかで霧を発生させる方法もあり、こちらの成長度は水耕栽培よりも優秀だそうです。

はじめは、発泡スチロール箱の横位置にある空気孔の役目を果たすこの穴をあけていました。この穴の位置から蓋までの間に空気の層ができて、いいかと思ったのですが、乾燥しすぎて根が傷んで失敗しました。

水耕
この横穴1つで失敗です!


発泡スチロール箱の中は緑色になる?
これは、普通は銀色のアルミなどで箱ごと覆い隠したいところですが、余裕があれば実施されてください。また、発泡スチロールむき出しでは、火がついたら怖いという場合はある程度緩和できるかもしれません。 ここでは、アルミも辞めてみようと思います。シンプルが一番というモットーです。

藻類が発生して緑色になると思います。発泡スチロールは光を通すようです。肥料は栄養が豊富で池のようになると思います。

それはそれでいいと思っています。栄養が藻類にとられて成長が悪くなるかもしれません。しかし、酸素や有益なバクテリアが増えて水の腐敗という事態から逃れることができると思います。

完全に酸素がない場合、栄養があるとそこでは酸素を必要としないバクテリアが増えて異臭がする硫化水素を出したりします。これは根が傷む原因です。また、人が吸っても危険です。池の水はどんどん緑になっても腐りません。あれは藻類が栄養を分解してくれているのです。そして酸素を出しているので池の生物たちは生きていけてるようなものです。


発泡スチロール使った自作水耕栽培のポイント



水耕栽培に必要なものはエアーポンプや水中モーターといったもので、つねに新鮮な酸素を多く含んだ水をたくさん送っていなければいけないという固定観念がありました。

これは自分の中での思い込みもあったのですが、とにかくたくさんの酸素に与えなければいけないのだと思っていました。そのため、初期の段階では発泡スチロールの容器になるべく多くの空気を通すように、風の通り道のようにたくさんの穴を開けていました。そのようなことをすると水耕栽培の容器の中は半分ぐらいが空洞になっています。

またそ、の空洞の部分は水分が蒸発するとドンドンと増えていくことになります。そのようなことをすると、根が空気中にさらされることになります。そこで風通しが良くなっているため、外の暑い空気がドンドンと入り込んできて、あっという間に根を痛めてしまいます。冬なら寒い空気です。

これに気がつく前までは肥料がいけなくて、濃度がこすぎて根が焼けてしまっている、肥料焼けではないかと考えたりしていました。しかし、肥料の濃度を薄くしていったりしたのですが一向に回復する見込みはありませんでした。新しく苗を買ってきて試したところ、同じような現象が発生してしまい、もうこの方法はできないかと諦めていました。

ところが同時期に育てていた肥料を全く与えないで育てるという水耕栽培を試していたのですが、そちらでも同じように根が焼けてくるという現象が発生しました。これはもはや肥料やけではないということがはっきりとしましたので、そこから考えていくと空気によって根が乾燥しすぎてやけていったのだとしか考えられません。

たしかに、根は上の方から枯れていっていたのです。


ただ一つの穴しか開いていなかったのですが、それだけでも根が乾いてしまうとあっという間に植物はだめになってしまうようです。開けた穴はOPPテープなどでふさげば簡単にふさがることですし、たいして問題は有りませんでした。これが水耕栽培の装置を自作していることによる強みなのかもしれません。問題があれば簡単に直すことができます。

ただ、穴を塞いだだけでは水分が蒸発してしまった時にはやはり根は空気中にさらされてしまいます。ここは考えてしまいました。そこでふと思いついたのが、丁度バーミキュライトと一緒に買っていたパーライトというものがあり、バーミキュライトは再利用できないし高くついてしまいますので、代替品代用品はないかと探していたところパーライトというものが一般的にな代用品として使われているようなので、これを購入していました。

このパーライトというものは非常に軽く、硬い粒なのですが少し扱いづらいという感じで厄介な特徴を持っていました。それは水に濡れると手に張り付いてしまいこびりついて、なかなか落とそうとしておちないというものです。

軽くて水に浮いて漂っていて、そしてこびりつくのであれば、これは根をガードするために最適な物質でないかと思いました。

フローターのようになって水が蒸発して水位が下がっていくとそれに合わせてパーライトの高さも下がっていき、根にまとわりついて水分を保持しながら根を乾燥から守ってくれます。この事に気が気が付いてから、成長が著しくよくなりドンドンと植物が育っていきました。

この性質を利用するとおそろしく単純な水耕栽培装置を自作することができてしまいます。




バケツとバーミキュライトを使った自作水耕栽培



水耕容器の製作


バケツとバーミキュライトを使った自作水耕栽培
これは、バケツとバーミキュライトを使った単純なものです。果たして水耕栽培といえるのかどうか?というくらい簡単です。気を使うことといえば、穴を開ける高さだと思います。また、バーミキュライトは乾燥するととても軽いので、風が吹くと倒れてしまいます。バーミキュライトが散乱すると、掃除がとても大変です。

支えとなるものがない場所では、底に石などを敷き詰めることで水が蒸発してもしっかりと自立させることができます。

バケツ自作水耕栽培装置
100円のバケツです。

バケツ自作水耕栽培装置
1つの例として、このように、バケツの高さの1/3の高さにそって、3箇所以上の穴を開けます。これでおそらく、水が貯まる場所は2.5Lくらいの容量があります。これでも、培地が吸収する分もあるので、4Lくらいの水量があると思われます。場合によって調整してください。また、穴の直径が細いものだと根がのびて塞いでしまうかもしれません。その際は、調節してください。

自作水耕栽培装置
バケツが転倒しないように石を敷き詰めました。この時は石の容量で水が貯まる部分が多く必要になるので、穴の位置を高くにしました。

自作水耕栽培装置
バーミキュライトは水分をとてもよく吸収します。

自作水耕栽培装置
粉が飛散しますので、マスクを付けるなどして吸わないように気をつけてください。

自作水耕栽培装置
この場合は、水の排出口が培地の地際の近くまできています。これが地面よりも低い位置にないと、バーミキュライトが浮いてしまい、植物が支えられ無くなってしまいます。

自作水耕栽培装置
養液を入れて植物を植えます。







バケツとバーミキュライトを使った自作水耕栽培のポイント


以前から底面潅水システムというものに興味があったのですが、そのような原理で底に水を貯めておいてそれを最大限利用できないかと考えていました。プランターなどでは夏場になると、どうしてもすぐに水がなくなってしまい昼間のうちに土は乾いてしまいます。

これでは植物が効率的に育つのには良くありません。常に水が豊富に植物に与えられていて太陽の力を100%いかしきるというためには、水を保持していくような仕組みが重要なのだと思っていました。

以前、土耕栽培で土を使ってバケツで栽培する方法を行ったことがあります。この時はバケツの底に水が貯まるようにしました。下から十センチ位のところに水が溜まるように、排水孔をバケツの底から十センチの高さのところにあけてておきました。肥料としては油粕などの有機肥料を与えていました。

この時、土と言うのは自然の土だったので化成肥料を使うとあっという間に根焼けおこしてかれてしまうだろうと、思ったからです。確かに、有機肥料である油粕を与えても特に肥料焼けを起こしたり、病気になったりすることはありませんでした。根から病原菌が入るということもありませんでした。

その時に与えた油かすの量というのが非常にたくさんのとんでもない位多くの量でした。まず初めにバケツの中の土の3分の一位を油かすにしました。 そして追肥として一つのバケツに対して、合計で一キロ以上の油粕を追肥として与えていました。これはほとんどバケツの容量の半分位の油粕を与えたことになります。それだけたくさんの肥料を与えたのですが、プランターより育ってもそれでもやはり地面に植えるよりもずっと弱々しいものになってしまいました。

また、どうしてもバケツの底に水が溜まるようにしておくと、有機物がたくさんあって腐敗して、臭いを嗅ぐととても嫌な感じのよくない匂いがしていました。そこでこれを水耕栽培に切り替えて応用してみたらどうかと思い、バーミキュライトを使って、また肥料としては化成肥料を与えることにしました。

速効性の化成肥料はすぐに成分が溶けだすようになっていて、水に溶けるような成分でできています。見た目には溶けていないように見えても成分はだいぶ溶けているように思います。

またバーミキュライトは連作障害を起こすような病原菌がついていないので、根焼けから病原菌が入るようなことを心配する必要もありません。また、バケツの底に水が溜まっていても水耕栽培なので水の中で根が勢いよく伸びていきますので、根腐れになるような心配もありません。

はじめは肥料の濃度が水耕専用の肥料ではなかったので、どれくらいの濃度にすればいいのかわかりません。どれくらいにすればいいのか結構悩みましたが、取りあえず仮に1000倍ということで、2グラムの化成肥料に対して2Lの水という感じで、あたえていました。

いざ始めてみると、何の苦労もなくなんの心配もなく、みるみるうちに大きく育ってきました。普通に植物を地面で栽培しているのと何ら変わることはありませんでした。

ただ違うのは、小さなバケツの容量に対して植物が非常に大きく育てるということでした。これは水耕栽培ならではの事だと思います。また見た目にはバケツの中にバーミキュライトが入っていて水が溜まっているようにはみえませんので、ほとんど普通にプランター栽培をしているように見えました。

しかし、バケツの底には水が大量にたまっていて、根も土耕栽培の根とは違い、白くて太い根がたくさんはっています。地面から飛び出すくらいです。

普通の土を使った栽培でこんなに水がたくさん常にたまっている状態であったら、あっという間に根が腐っていくと思われます。また化成肥料も地面の上にばらまくようにして与えたりしていました。ますます、これは普通の栽培と同じようにみえてくるのですが、これでもいいと思います。

ただやはり栄養不足の症状が現れているような場合などは、早急に栄養を追加して継ぎ足さなければいけないので、水に溶かした養液を与えたほうがいいです。

とにかくこの栽培方法に関しては何ら問題なくうまくいったという感じです。一つ難を言えばバーミキュライトを結構たくさん使いますので、また再利用するといってもバーミキュライトを洗うのは難しいと思いますので、少しコストがかさんでしまいます。


四角い容器とバーミキュライトを使った自作水耕栽培



水耕容器の準備


室内用簡易水耕栽培
室内の窓際で、簡単にサラダ菜を作ってすぐに食べてみたいと思い、このようなちょっとした入れ物とバーミキュライトで水耕栽培をしてみました。水の排出口はあけていません。


自作水耕栽培装置

自作水耕栽培装置
ただ、バーミキュライトを入れれば完成です。


四角い容器とバーミキュライトを使った自作水耕栽培の感想


過湿になりやすかったと思います。室内で、あまりにも、水をひたひたにしておくと、カビが生えてきました。

室内用に水耕栽培できるように、自作したものなのですが、室内で使うために水がこぼれると困りますので、排水口を付けないようにしました。

水の水位は目でみて調節することにしました。原理的には問題がなさそうに思えたのですが、室内で育てるということはやはりそれだけ日当たりも悪くなりますし湿度も高くなってしまいます。そして、水やりの時についつい水をやり過ぎてしまって水が表面に見えてくるまで与えてしまいます。

そうなると時に水が植物にひたひたに使っている状態なってしまいます。これはたとえ水耕栽培といえどもよくない状態です。植物の葉の部分が水に使っているのはだめな状態です。

これでは上手く育つ前にカビなどの病原菌が葉をダメにしてしまいます。ですので水耕栽培といえども植物の葉と根の間には必ず仕切りのような板があると思います。これがない場合には、バーミキュライトのような培地の表面まで水が浮き上がってこないように管理することが重要となってきます。

しかしやってみるとわかりますが、現実的にどこまで水が入っているか見えない状態では溢れてくるまで水の量を確認することができません。それを水やりのたびに余計な水として毎回捨てるというのはかなり現実的ではありません。そのようなことと室内で栽培するという条件から、どうしてもカビが発生しやすくなってしまいダメになるものが多かったです。できれば虫に食べられやすいと言われている植物でも屋外で栽培するべきだと思いました


プランターとパーライトを使った自作水耕栽培



水耕容器の製作


実はプランターは水を貯めることができるものが多いです。
プランターの底を見て、網状になっていないものはほとんど、横に穴が1つ開いていると思います。この穴をふさぐキャプが密かに隠されています。

プランターの底網の一部をよく見るとプラモデルのようにキャップが切り出せるようになっています。



プランターのキャップ
網の一部にキャップが付属しています。室内栽培の時に水がこぼれないようにという配慮だと思います。

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培
キャップで蓋をします。

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培
普通の60cmプランターです。

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培
オモリとして水を入れたペットボトルを3本入れました。

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培
パーライトという物質です。
バーミキュライトの代用品として使われるものです。

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培
地面のラインより、3cmくらい下に穴をあけます。
プランターの両側、合計2ヶ所あけました。

プランターとパーライトを使った自作水耕栽培
あとは、植物を植えて、養液を満たせば完成です。
パーライトは水に濡れると手にこびりつき非常に厄介です。
先に植えつけておいたほうが賢明です。


プランターとパーライトを使った自作水耕栽培のポイント



パーライトはバーミキュライトの代用品としてよく使われていますが、自作水耕栽培においても使えないかとやってみました。

結果としてはバーミキュライトと同じように、植物が育ちました。ただ同じ条件で正確に比較していないので、どちらが成長がいいのかわかりません。パーライトの良いところと言えば粒が崩れるまで再利用できるということです。

バーミキュライトと比較すると、しばらく使っていても粒が潰れて隙間が無くなってしまい密着することがありません。パーライトは粒になっていてそれが崩れることがないので、いつまでたっても隙間をたくさん持った状態でいられます。これは大きな容器にパーライトをたくさん入れたところで、養液層の底の方と上の方で水の入れ替えが阻害されないということにもなります。

これはパーライトが入っているけれど、入っていないかのように水の循環が起こりうるということですので、水耕栽培においては非常に重要なことだと思います。

ポイントとしてはパーライトは水にうきます。とにかくいつまでも浮き続けますので、水を与えたり雨が降ったときに水が地面よりも上にくるような排水口の開け方をしていると、植物が浮き上がって根こそぎ抜けてしまいます。そのためパーライトを使った場合には地際から三センチ以上は下に排水口あけたほうがいいと思います。

バーミキュライトの場合はもう少しギリギリまで高くしても問題はない場合があります。そう考えると、なるべく多くの養液層を確保しようと思うと、かなり大量のパーライトが必要となってきます。パーライトもバーミキュライトも値段的には同じ位しました。再利用できるということで

多少はお買い得なのかなと思いますが、それでも使っているうちに粒が崩れてしまうものがあるようです。

また、鉱物からできあがっている物質ですので、これらの物質が植物に何らかの悪影響を及ぼすないかと心配していましたが、普通に使ってる分には問題がないように思います。


なぜ、水耕栽培装置(容器)を自作するのか?


水耕栽培の装置を自作する人が多いと思います。ここでは装置ではなく、容器と呼んだほうがいいぐらいのものです。

人は何故、水耕栽培の装置を自作するのかというと、やはりなんといっても手軽に始められるものがあまり売られていないということだと思います。

水耕栽培装置というと、どうしても電気的な機械がついたり、水位を計るための道具が付いていたりします。そのためどうしても値段が高くなりがちで、数千円から数万円というのは相場だと思います。しかし、そこで育てるものというのは、野菜で得てしてとても安いものです。

たとえどんなに高い野菜をその植えたところで、おそらく数千円分の野菜を作ることが精いっぱいだと思われます。装置というのは使っていると壊れるもので、水耕栽培を行っていても1年を通して収穫ができるわけではなく、夏野菜は夏の一時期で冬場は、葉物を作るぐらいしか一般的な家庭では難しいというのが現状です。

それに対して何万円というお金を使って水耕栽培の装置を買うというのは、あまり敷居が高いことなのかもしれません。どうしてもそういった機械的なもの使うと、電気を使っているため屋外では漏電、火災のことが気になってしまいます。そのことを簡解消するような方法が、自分で水耕栽培装置を作るというものです。


確かに本格的な水耕栽培装置で溶液を霧状にして吹きかけるというような水耕装置は、とても普通の人には自作できないようなものですが、エアーポンプをただ入れただけの水耕栽培装置などはだれでも簡単にできてしまいます。

それでもやはりプランターで栽培するのと比べるとまだまだ敷居が高いというのが現実だと思います。どうしてもエアポンプ一つにしても電源がベランダや屋外ないといけませんし、水耕栽培の養液を自分で、規定の濃度に薄めて与えていくということはかなり、手間がかかることです。

また、濃度が濃くなりすぎたりしてかれてしまうということがあるというのも、なかなか目に見えない世界のことですので、やはり簡単に始めようという風には踏み切れないのかもしれません。

そういったこともあり、様々なサイトでたくさんの電気を使わない水耕栽培の自作方法が掲載されています。一般的に多いのはバーミキュライトなどの培地を使ったものです。

これは簡易水耕栽培などと呼ばれていて感覚的にはプランターなどで、育てているのとあまり大差はありません。しかしそれでも溶液を貯めるための入れ物と、バーミキュライトを入れて植物を固定するためのザルなどいくつかの部品が必要となってきます。それらは100円ショップ等でも簡単に手に入るため、比較的始めやすいといえます。

また、有機栽培ブームがあり、何となく水耕栽培というのも健康によくないイメージがついてしまっているように思います。

水耕栽培も水耕栽培専用の肥料を使って育てていきますが、これらは有機肥料とはまた違ったものになってきます。もちろん水耕栽培でも有機肥料は存在します。しかし、まだまだ、手に入りにくく扱いも大変だと思います。

また、水耕栽培で育つ野菜は水っぽくて、いまいちおいしくないというイメージがあります。このため、どうしてもプランターで有機栽培をした方がいいのではないかと思ってしまいます。しかし、実際にはスーパーなどで売られている野菜のある程度は水耕栽培のように、養液を主体として作られているものが多くあります。

そういったものは、ほとんど食べる時に意識せずに食べていますので、それほど明確な違いがわかるとは思いません。また、水耕栽培でも有機栽培でも肥料を与えすぎると、アクや渋みのようなものが出てきて、体にもよくないものができてしまいます。これはどちらでも同じことが言えるわけです。

水耕栽培の肥料も水耕栽培専用の肥料というものがあります。これは液体になっているものと粉末になっているものとがありますが、普通の有機肥料などと比べてなんとなく高い感じがします。ちょっとした量にも2000円位払うというのは、少し抵抗があるのかもしれません。

有機肥料ですと堆肥などは500円以下で20kg位かえてしまいます。また、化成肥料も濃度が大変濃いものが大量に入って格安で売られています。この中で、水耕栽培だけ肥料代がやはり高くなってしまうということが挙げられます。確かに業務用の水耕栽培用を購入して使っていけば、かなり安くつきますが、あまりにも量が多いためとても個人が扱うことはできません。こういったことも水耕栽培が簡単に始められない理由の一つなのかもしれません。













おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)



厚生労働省 カロリートマトゴーヤキュウリナス海岸、浜、港中古レンズ中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト

ページのトップへ戻る